08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
<< 指示の徹底には聞く姿勢が鍵だった! | top | 特定求職者雇用開発助成金 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
現代では心のケアが指導において重要な意味を持っていた

 なぜ“現代経営”には、“心のケア”が必要なのでしょうか?


 必要以上に振り回されないマネジメントの秘訣として、知るべきことを知って、心を軽くすることが肝要です。

 一般に“引きこもり”と呼ばれる社内人材の心の問題を“閉じこもり症”という命名の下で、独自に考えられたレポートです。

 レポートでは “引き篭もり”を“(自分自身への)閉じこもり”と命名し、ニュアンスを変えるとともに、“閉じこもり”の事例を簡潔にしています。

 軽くなろうという問い掛けは、すべてのことに自分一人で対処する必要はないのですよ
 という意味だそうです。

 なんとか人材を再生しようとして、結果的にあれこれ干渉し、新しい刺激を作り出すより、適所に行くなら辞めてもしかたがないと割り切って、冷静に接する方が効果的でもあるという、一種の“逆説”も含まれています。

 過剰ストレス社会(刺激過剰)の現代では、心のケアが必要です。
 それは、あたかも走り過ぎたランナーが筋肉マッサージを受けるようなものでしょうか。


 心の問題は取り扱いを間違うと、大きな問題に発展する懸念も含んでいます。

 心の問題の発生要因と、経営としての取り組み限界を設計することの大切さについて、意見がまとまっています。

 

  → 心のケアがなぜ必要なのかを考える


  → 経営お役立ちレポートダウンロード

e-consul | 部下指導のヒント | 09:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | 09:50 | - | - | pookmark |
Comment









Trackback
URL: