04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
<< 従順な部下にも大きな問題があった その指導法 | top | 2007年問題を過ぎればそこには新たな風景が >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
年功序列の亡霊から脱却し、真の人事制度を理解しよう

 今回は、人材・組織活性化の観点から、人材の評価視点についてとりあげられているレポートをご紹介します。

 様々な“新人事制度”が出て久しいわけですが、人事制度がなんとなくピンと来ないとか、運用が複雑過ぎるなどというお声を、しばしば耳にします。

 年功序列制度崩壊後、新たな基準策定はなかなか困難のようです。

 しかし、思い切って、そんな新制度への“違和感”に焦点を当てると、意外なものが見えてくるように思います。


 そんな感覚が、年功序列制度の“亡霊”と名付けられています。

 レポートの中では、年功序列で“従業員を見なくても評価できた”時代と同じように考えてはいけないことが強調されています。

 “経営自動化誘惑”よりもむしろ、従業員の不満は“自分が正当に見られていない”という不安にあるとも。

 人事制度を極めたいと考えておられる経営者からすれば、今月の視点は物足りないかも知れません。

 すでに人事評価制度を導入した先や、人事評価制度を今すぐ導入したいと考える経営者には、ぜひ“従業員に何をして欲しいかという期待業務”を明確に記載することをお勧めします。

 未来永劫重要なことは、期待業務を整理し、期待業務を明確にすることなのでしょう。

 期待業務を整理できない場合には、運用を難しくし、“期待の不明確さ”が、人事制度の理解を困難にしているようです。


 詳細は本レポートの中でご確認ください。

 「原点に戻ってシンプルに人事制度を考える!」と題されています。


  → 原点に戻ってシンプルに人事制度を考える!

  → 経営お役立ちレポートダウンロード

e-consul | 人事・労務のヒント | 14:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | 14:54 | - | - | pookmark |
Comment









Trackback
URL: